当寺の住職はグリーフ(喪失の悲しみ)ケアに取り組んでいます。