平和のために何をしたらよいか 君自身が平和の人になり給え【5月の言葉】

平和のために何をしたらよいか

君自身が平和の人になり給え

毎田周一

[住職感話]

ロシアとウクライナとの戦争に終わりが見えてきません。

どうしたら戦争を止めることができるのか、平和のために何ができるのか、考えておられる方も多いでしょう。

そこで、標題の言葉を思い出しました。まず、何よりも、誰よりも自分自身が「平和の人」になること、それが必ずやがて平和のために繋がっていく。物凄く納得させられました。では、「平和の人」とは、どんな人なのか。毎田周一氏は次のように語ります。

自由と平和

むつかしい顔をすることは、少しも要らないのである。

いつもにこやかな顔をして、

すべての人に向かえばよいのである。

むつかしい顔をするのは、

ただその人の度量の小ささを語るのみである。

私はかくもケチな、チッポケな人間です、というばかりである。

狭っ苦しい殻をやぶり、われとわが世界を縮めているような、

せっかく生まれてきた人生を、

いつもこせこせと、しみったれて生きているような、

小人ですと、告白するばかりである。

微笑は自由の象徴である。

一切を容れて世界と共にいきるものの歓びの象徴である。

平和は、この微笑から来る。

『毎田周一 君気持ちを大きくもとう』より

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。